太陽光で生物濾過

ニホンイシガメベビーの皮膚病に悩まされていたところ、グリンさんトコのカメさん養殖場の管理人グリンさんにソーラーパネルを利用した濾過方法を教えて頂きました。早速チャレンジ!

こちらがソーラーパネル


裏側はエアーポンプのモーターと充電池を入れるスペースがあります
DSCN3232.jpg

充電池を入れてセット。モーターが動き出しブクブクとエアレーションが始まりました。吐水口から水が出るほどの勢いはないのですが、水量がもっと多いと違ってくるかもしれません。夜は充電池からモーターに電流が供給されます。
DSCN3236.jpg

私は過去に川魚の飼育をしていたので当時を思い出し、コーナンで購入した濾過バクテリアを投入。濾過砂利にバクテリアが定着することで生物濾過の立ち上がりが早くなると思います。排泄物(アンモニア)が亜硝酸に分解され、更に害の少ない硝酸塩に分解されるというサイクルになります。
DSCN3237.jpg

約一週間後。その間に吐水口を撤去して確実に生物濾過が回るようにしました。
DSCN3239.jpg

テスターを使って水質を確認します。Safeゾーン内に収まっているようです。生物濾過が機能しています。これでベビーの水替えは不要になりました。皮膚病の治りにも大きな期待が持てそうです(^o^) グリンさん、有難うございました。
DSCN3238.jpg

にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

少しだけレイアウト変更

ゴールデンウィークも終わり、例年この頃になると、冬眠明けのニホンイシガメも食欲が戻り活発になってきます。ただ、今年は気温が乱高下する時もあり、立ち上がり(食欲)はイマイチです。

甲羅干しのワンシーン。継ぎ接ぎ状の板を交換することにします。


交換後。一枚板にしたことで下の隠れ場所のスペースが広くとれるようになりました。
DSCN3222.jpg

手前にも転落緩衝材を兼ねて隠れ場所を斜めに設けているのですが、狭くて亀たちは利用しないだろうと思っていました。
DSCN3225.jpg

しかし中をのぞいてみるとキツめに入って隠れています。広い空間より狭い空間を好むのかもしれません。しばらく様子を見てみたいと思います。

また、このように日陰に隠れる行動はメスによく見られますが、オスは甲羅干しと水場の行き来だけであまり見られません。
DSCN3226.jpg

話は変わって。。
5月7日は満月でした。5月の満月はフラワームーン。記念撮影しました。(^^)/
DSCN3220.jpg

にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

ニホンイシガメ飼育レイアウト2020年

もうすぐ冬眠明け。
今年のニホンイシガメの飼育レイアウトは隠れ場所を大きくとってみました。昨年は窮屈そうだったので(´・_・`)

20200320112517e0b.jpeg

なんだか殺風景ですが。。とりあえずはコレでいきます。

202003201125382a3.jpeg

日陰となる隠れ場所を大きくとりました。

20200320112555858.jpeg


冬眠ケースを覗いてみると。。
イエローが顔を出しています。
もう少しで外に出られるからね。

202003201126124e5.jpeg


もう一つの冬眠ケースでは、オレンジとオス軍団がモゾモゾ動いていました。全員無事に冬越しができた様子です。

にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

2019年飼育レイアウト

今年のニホンイシガメの飼育レイアウトは
どうしようか、そうそう、昨年は水場が
一つしかなかったからスペースに
余裕がなかったっけ。

そんな事を考えながら、
今年は水場を2つにしました。

DSCN3103.jpg
水場からの上がりは大きな石を
昨年は組み合わせていましたが
石が崩れて窒息する可能性があるので
人工芝(と言えるのか)にしました。
これはこれで太陽の紫外線で劣化して
破片が水の上を浮遊して誤食の可能性が
あって面倒なのですが。。
天秤にかけたということで。

DSCN3104.jpg
ベビーはシンプルです。
広さを大きくとっていますが
水温が高くなりすぎないよう
太陽光の入り方をチェックして
水量は多めにとってあります。

DSCN3105.jpg
長らく餌を食べずにいたオスも
少しづつ食べるようになりました。
朝から昼過ぎまでが甲羅干しタイムですが
代謝を上げ、成長するには温度と紫外線が
相当必要ということなのでしょう。

話は変わって
20190504154339ffb.jpeg
南海電鉄から「好きっぷ」という大阪から徳島まで
2000円で行けてしまう切符が発売されています。
通常フェリーだけで2000円するのにこれは安い。
しかも自動券売機で買えてしまうのがイイです。

2019050415263333d.jpeg
ということで徳島へ日帰りの旅に出ます

2019050415263416e.jpeg
特急サザンに乗車
終点和歌山港で徳島行フェリーに
連絡します

20190504152636628.jpeg
サザンプレミアムという新造車
コンセントもあってなかなかいい感じです

20190504152631986.jpeg
プラズマイオンクラスター装置が
等間隔に設置されています

20190504152630849.jpeg
和歌山港に着きました
乗船口まで徒歩で移動します

20190504152629900.jpeg
南海フェリーに乗船
しばし風景を眺めることにします
沿岸は工場地帯です

20190504152627ee7.jpeg
花王 和歌山工場

20190504152621ef7.jpeg
日本製鉄 和歌山製鉄所
高炉が並んでいます

201905041526234ea.jpeg
出航しました
製鉄所が遠ざかっていきます

20190504152625066.jpeg
萌えキャラ、というのでしょうか
阿波野まい と書かれています
まいという名前は阿波おどりに
ちなんでいるのかな?

20190504152624e6b.jpeg
船内は連休ということもあって
人で一杯でした

20190504152619e5c.jpeg
2時間ほどで徳島港に到着
市営バスで徳島駅に移動します

20190504152618984.jpeg
バスを降りて

20190504152616630.jpeg
徳島駅に到着

20190504152615f1a.jpeg
駅前はこんな感じ

2019050415260932c.jpeg
駅ナカ徳島ラーメンで腹ごしらえ
醤油にダシをきかせた豚骨醤油味
卵がマイルドに味を纏めていて
麺にしっかり味が絡みつく良い味です

20190504152608f0e.jpeg
店員さんに薦められるままに
すだちハイボールをオーダー
昼間から酔っとります、へへ

20190504152610afa.jpeg
徳島市のシンボルともいえる
眉山に向かいます
駅から歩いて10分程

20190504152612bf4.jpeg
2連のロープウェイ

201905041526143de.jpeg
山頂に到着
徳島市街と吉野川が見えます
眉山はルチルや紅簾石といった
鉱物でも有名ですが
絶産と聞いているので
地面の石を眺めるだけにしました

20190504152734d56.jpeg
眉山へ向かう途中で
行列が出来ていたこのお店
帰りには列は消えていて
まだ営業中

20190504152736de8.jpeg
「コイツはまたラーメンを食うのか?」
と思われそうですが
人が並んでた店に並ばずに入れるなら
と、いうことでオーダー
醤油のダシのコクがよりはっきり
している味でした

2019050415273321e.jpeg
徳島城跡庭園にやってきました
デカイ緑泥片岩が目を引きます

20190504152730123.jpeg
立派なサイズの
ミシシッピーアカミミガメ

20190504152731c8a.jpeg
徳島城跡の周りを散策
石に穴がブツブツあいたように
なっています
海の波に浸食された海蝕痕で
この辺りがかつて海であったことが
分かります

20190504152728a90.jpeg
徳島駅に戻ってきました
駅の改札口の風景です

201905041527276fe.jpeg
乗船の時間が近づいてきました
徳島港に到着
萌えキャラが気になります(笑)
確かもう1人にも名前があって
「和歌山と徳島に離れて暮らす仲良し」
という設定だったかと。
このストーリー性が気になる要因なのです

20190504152725ad3.jpeg
帰りの好きっぷを購入
行きと違ってバラで構成されています

2019050415272429f.jpeg
帰りもフェリーは人で一杯でした
さよなら徳島

にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

今年の飼育レイアウト

4月に入ってニホンイシガメの
冬眠明けのはずが寒気到来で延期
することにしました
んー、一週間後ですかね


でもって、冬眠明けに備えて
飼育レイアウトを
ササッと組んでみました
今年は2水槽使ってみます

20190331160536c4d.jpeg
201903311605363ac.jpeg
産卵土は半分くらい入れ替えました
赤玉土を多めにして通気性を向上させてます

201903311605362c1.jpeg
混ぜ込んで

20190331160531208.jpeg
セット完了

201903311605372ea.jpeg
恐る恐る冬眠ゲージの中を開けてみたら
動き回って皆元気そうです

すぐにでも出してあげたいですが
寒くなる予定なのでここは我慢でござる(>人<;)

にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

プロフィール

かめ吉

管理人:かめ吉
ニホンイシガメ2019年CB個体の販売時期は未定ですが3匹販売予定です。

爬虫類の販売は対面販売が義務付けられておりますので、ご理解の程よろしくお願いします。(当方大阪です)

最近の記事+コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
 
Gallery
アクセス
★ ブログランキング
  温かいご支援に感謝
ニホンイシガメ販売ページ(石亀ファーム)   ↓(sold out)
リンク
当ブログはリンクフリーです。イシガメ好きな方はご自由にどうぞ (^-^)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: