皮膚病が治ってきました!

なかなか治ってくれないニホンイシガメ2019CBの水カビ病。長いこと闘っていましたが、ようやくマシになってきました。

202002241716570eb.jpeg

理想的な黒い皮膚になりつつあります。少し白い部分が患部ですので、もう一息といったところです。

20200224171751cb1.jpeg

サイズ的に無理と思い、冬眠を回避した新ロマン君。室内環境に慣れて甲羅干しもバッチリしてくれています。室内飼い当初は暴れたので神経を使いました( ̄∀ ̄)

話は変わって…
20200224171729670.jpeg

再び「なにわ麺次郎さん」に行って地鶏醤油ラーメンを頂いてきました。最初口にすると味が薄いかな?と感じたのですが、鶏ガラスープと醤油が程よく麺にマッチしています。胡椒も置いてありますが、何も足さない方がダシの良さを楽しめます。個人的には黄金貝ラーメンよりこっちの方が好きですね。スープまで完食です。ご馳走様でした!

にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

ヨードチンキ治療でやらかす

2020年を迎えました。今年もニホンイシガメの優良個体を追求していきたいと思います。

2019年CBの水カビ病へのヨードチンキ治療、続けていたのですが、暫く中止していました。その理由がコレ↓
202001041141114c3.jpeg

ヨードチンキが気化して壁紙が思いきり汚れているでござるの巻。

いや、もう驚きましたよ。今までこんなことなかったんですよ。なのにたった一日でヨードが付着したというわけです。濡れタオルで擦るとそれなりに汚れが落ちてくれたのは幸いでした。今後は風呂場など換気がしっかり出来るところでやろうと思います。室外は気温が低すぎるのでダメですね。

しばらく中止して様子を見ていたのですが、やはり治癒しないので今日からヨードチンキ浴を始めました。ベビーたちのサイズは個体差ありますが、だいぶ大きくなってきたのもいます。
20200104114157c2e.jpeg


話は変わって。。正月休みということで和歌山県の山奥へ。画像は和歌山側から撮影した奈良県の大峰山系。1700m級の山々が連なっています。
20200104114136b92.jpeg


にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

水カビ病の治療続く

少しずつ治ってきたニホンイシガメの水カビ病。治った個体と治療中の個体を分けていますが、ぶり返す個体もいて長期戦になりそうな感じです。飼い主もオーバーワークでダウン。体が二つ欲しいと思う今日この頃です。パーマンのコピー(古…)みたいなのがあればいいのに…

餌はとりあえず食べてくれるので、少し大きくなりました。
20191019134021dbe.jpeg


2018年CBと比較すると、一年でかなり大きくなることが改めて分かります。よく食べ、よく汚し、手入れは丁寧に、を繰り返しながら成長した姿を見られるのは嬉しいものです。
20191019134053fb8.jpeg


甲羅にも個体差が徐々にですが見られるようになりました。この子は悪くない色をしてます。
2019101913411463f.jpeg


にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

少しずつ回復

ニホンイシガメ2019年CBに猛威を振るった水カビ病はヨードチンキ治療でようやく治りつつあります。しかし個体差があり、まだ時間がかかりそうな個体も。。食欲はあるのが救いです。
20190929122904fed.jpeg


こちらは2018年CB検証個体でオレンジさんの子です。この子は雄の可能性が高くなってきました。雄としてはなかなかの色乗りで悪くなさげ。今後に期待したいと思います。
20190929122919061.jpeg


にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

ニホンイシガメの尾切れ検証(結論)

ニホンイシガメの尾切れは自然に発生するのだろうか?
この疑問は冬季の室内飼育中に2匹のベビーの尾先が
同じタイミングで折れてしまったことが元になっています

観察を続けていく中で、この尾切れは強制バスキングの時間を
長く取り過ぎた結果、尾先が干からびてしまうことによるものと
一応の結論を出しています。

2018年CBと2017年CB、それぞれ尾を含めた全長に尾が占める割合を
見てみたいと思います。


20180915114111be8.jpeg
こちらは2018年CBで母親違い
上が全長7.8センチ、尾の長さは3.6センチ
全長に占める尾の割合は約46%

下が全長6.5センチ、尾の長さは2.7センチ
全長に占める尾の割合は約42%

生まれた際の大きさ、母親違いによる個体差は
ありますが、甲長が長くなれば尾の占める割合は大きく
なる可能性があります。


20180915114110134.jpeg
こちらは2017年CBで健康状態の悪かったベビーを残したもの
全長10センチ、尾の長さは3.5センチ
全長に占める尾の割合は約35%
尾の長さは上の2018年CBと遜色ありません。
甲羅の成長と共に全長に占める尾の割合が減少していると思われます。


201809151141099f9.jpeg
1年以上経過していますが尾先が綺麗です。

目視での経過観察でも甲長が長くなりつつあり、
尾の長さには変化が見られません。これらのことから
尾切れは自然には発生しないと結論を導きました。

では何故ベビーの尾は長いのかを考えてみたいと思います。
ベビーの頃は長い尾が泳ぐ際に舵や浮きの役割を担う側面があります。
甲長と尾の6:4のバランスはこの役割にフォーカスしているものと推察します。


にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

プロフィール

かめ吉

管理人:かめ吉
ニホンイシガメ2019年CB個体の販売時期は未定ですが3匹販売予定です。

爬虫類の販売は対面販売が義務付けられておりますので、ご理解の程よろしくお願いします。(当方大阪です)

最近の記事+コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
 
Gallery
アクセス
★ ブログランキング
  温かいご支援に感謝
ニホンイシガメ販売ページ(石亀ファーム)   ↓(sold out)
リンク
当ブログはリンクフリーです。イシガメ好きな方はご自由にどうぞ (^-^)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: