新たな生命 ~ニホンイシガメ孵化~

6月1日にニホンイシガメのイエローが産卵して2ヶ月経過した
生まれてくるなら白黒はっきりしているはず、と考えた

イエローが産卵したあたりを掘り進めていくと
殻の中に入った状態のベビーとご対面。
もう埋め戻す必要はないだろう


殻のままそっと取り出した
P7300209.jpg

もう一つ出てきた
P7300211.jpg

捜索範囲を少し広げるとさらに卵が複数見つかったが大きさが違う。
別の時期に産んだ卵の可能性があるのでそのまま土の中とした。

3つの破れた卵と、大きく膨らんだ卵2つを回収(左)
2クラッチ目のが右
P7300212.jpg

膨らんだ卵に強いルーメンライトをあてて透かしてみた。
亀のような姿が確認できる
P7300215.jpg

別の角度から
生命を感じる。ヨークサックとなる部分なのだろう
P7300214.jpg

油断できないが今年はベビーに恵まれそうです。
暖かいコメントをお寄せ頂いた皆様、このブログに興味をもって
ご覧いただいている皆様に心より御礼申し上げます。

にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

ニホンイシガメの産卵 ~卵を回収~

事件の翌日の夜、
ニホンイシガメのイエローが産んだ卵を回収した。
今回の件で卵に悪影響が出る状態になっているのでは
ないかと考えたのが理由。


深く掘ってもなかなか出てこない
15センチ付近でようやく姿を現した
DSCN1978.jpg

上下を保ちながら恐る恐る取り出していく
驚いたのは土を掘る最中にイエローが
接近してきたことだ
心で詫びながら卵回収に専念させてもらう
DSCN1980.jpg

回収した卵。2クラッチ目は6個だった。
左の容器は地表で蹴とばされたり転がされた卵
右の容器が地中から回収した卵
そして地表に近いところで見つけた破れた卵
DSCN1982.jpg

まさかのきっかけで初めての
ニホンイシガメの人工孵化への試み
左はやはりダメか。。

にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

ニホンイシガメ産卵2クラッチ ~見たくない事件が起きた~ 2/2

前の話はこちら

しばらく背後から様子を撮影していると
ファインダーに何かが映り込んだ
同じメスのニホンイシガメのオレンジだ

邪魔しないで通過してくれと思った瞬間、
イエローの動きを封じるかのように
妨害しだしたではないか


初めは何かの間違いではないかと目を疑ったが
意思をもって妨害をし始めた


執拗に妨害するニホンイシガメのオレンジ


「このまま続くと産んだ卵全部にダメージがいく!」
思い切って接近しカメラを構えた。オレンジは離れていったが
諦めきれないようでイエローの埋め戻しを
見ている


器用に踏み固めていく
2つあった卵はイエローが執念で隠して1つしか見えない


同じ種でも自分の子と生存競争に晒されることを回避したいからなのか、
自分が産んだ場所を掘り返されたと思ったからなのか、
理由を考えるよりも、ショックのほうが大きかった

通常ではない埋め戻しになったので
翌日になってしまったが掘り起こすことにした

にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

ニホンイシガメ産卵2クラッチ ~見たくない事件が起きた~ 1/2

ニホンイシガメのイエローが今朝産卵した
間に合わなかったのか、掻き出してしまったのかわからないが
2個卵が転がっている


蹴とばされてしまったのか凹んでいる
DSCN1966.jpg

とりあえず今回も終わるまで様子をみようと決めた
DSCN1967.jpg

別のアングルから撮影
この後見るに堪えない事件は起きた
ビデオ撮影したので後日UPしたい
DSCN1968.jpg

事件後回収した2つの卵
1つはイエローの意地で土の中に隠されていたが
深度が浅すぎるので回収した
在庫があったバーミキュライトを湿らして使用
DSCN1974.jpg

へこみいびつな卵。
右側はもとからこのような形だった可能性がある
私は人工孵化をさせたことがないが、
これは見込みがないように感じる
とりあえず1週間様子をみることにする

続きはこちら

にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

真夏の過ごし方

夏本番を迎えてニホンイシガメたちも朝から水場で過ごすことが多くなった。
餌やりも水の中への投入がメインになりつつある。
まずレプトミン
DSCN1950.jpg

彼はレプトミンスーパーがくるのを期待している。
DSCN1953.jpg

レプトミンを平らげた亀たちが「少ないぞコラ」と更に餌を求めて上がろうとするので
DSCN1955.jpg

レプトミン再投入
DSCN1956.jpg

で、なくなると結局ゾロゾロまた上がってくる。
この後レプトミンスーパーを投入。
DSCN1957.jpg

冬眠に耐えるため、これからの時期は餌の摂取量を積極的に上げていく。

にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら



テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

雨の日は別の顔

ニホンイシガメの写真は晴れの日に撮ることが多いのですが
雨の日の方がいい写真が撮れるので、先日久しぶりにTRYしました。

甲羅が濡れていると色が引き立ちますね


光沢の美しさに引き寄せられるような感覚になる
DSCN1914.jpg

雨の日は
DSCN1909.jpg

みな活発に
DSCN1918.jpg

動きます
DSCN1920.jpg

この雨をどう感じているのだろう?
DSCN1922.jpg

にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

東京と大阪の不思議

ここ数ヶ月所要で東京出張が多い私。
TV会議という手もあるが空気が読みにくく
適切な発言のタイミングがつかみにくい。
てなわけで7時の新幹線に乗り18時の新幹線で戻る、
そんな感じです。
20160607.jpg

雑談をしていると、東京では今いる位置から
目的の位置に対して東西南北で表現できないという。
表参道から六本木は北の方ですか、それとも東ですか?
が分からないのだと。
(その場にいた人たちが方向音痴の可能性は大いにある・笑)

大阪では東西南北で表現する。難波から北に上がって本町を・・
という具合。大阪市は基本全体が碁盤の目になっているので、
これが影響してるのかもね~なんて言いつつ、
へぇへぇ~ボタンを押しまくった。

話は変わるけれど
表参道駅で切符を買い銀座線で渋谷で降りると切符が
回収されるときとされないときがある。
使い道もない(わからない)ものだから捨ててしまうが。。
大都会の機械はお疲れなのだろうか?
P7180188.jpg

大阪の金剛山系から見た大阪平野
大阪湾を挟んで正面の山は六甲山系
感覚でしかないけど東京がいかに巨大都市かが
分かる気がする。
2016071804.jpg

にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

産卵後の意外な変化

産卵を終えた(と思う)ニホンイシガメの「オレンジ」
ほかの亀たちに交じってレプトミン食べてます。
DSCN1930.jpg

あんなにレプトミンスーパーにこだわっていたのに
産後の体力を回復するためには
選り好みをしていられないからなのか、
もしそうならいずれレプトミンスーパーにこだわる
グルメちゃんに戻ってしまうのか

こちらは深夜ガサゴソ水場を動くイエロー(ピンボケ)
次の産卵はくるのか楽しみです
DSCN1928.jpg

番外編
今年もオシロイバナが咲きました
年々大きく成長してくれます
ほのかな香りがお気に入り
DSCN1925.jpg
P7100184.jpg

にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

晴れ間の甲羅干しとオオクワガタその後

大雨が降ると我が家のニホンイシガメたちは別の表情を見せますが、
短い晴れ間には競うようにバスキングを始めます。

オレンジの足がイエローに乗っかってますが、オレンジにしては
珍しくリラックスした雰囲気です。見ているほうも嬉しくなる、
そんな瞬間。イエローは気にも留めていないようですが
ニホンイシガメは基本温和なのでありがたい。


話は変わって
設置から1ヶ月経ったオオクワガタ産卵体験セット
こんな感じです
P7090178.jpg
P7090177.jpg
オスもメスもエサ皿の木の下に潜り、メスが菌床を掘り進んでいます。
掘り進めるのは幼虫ではないの?ってか産卵したのだろうか。。
ワカラン。

エサ皿の木の樹皮は丸ごとはがされてしまい、何か物足りないのか。。
やっぱり産卵木?
そんな感じだったので、とりあえず卵の確認を。
エサ皿をとりました(注・生きてます(^^;))
P7090180.jpg

菌床とマットを分けてマットに卵がないことを確認
P7090182.jpg

!!別の角度から見たとき発見
産卵体験セットは文字通り体験させてくれたのでした。イエイ!
もう一つ見つけたのでスプーンで別のカップに移動させました。
P7090181.jpg

卵を見たとき、同時にこれによく似ていると思った私はやはり鉱物好きなのだろう。
酸化していない球状の「菱鉄鉱」 siderite (FeCO3) 長崎県産
P7120185.jpg

産卵体験セットはまた産むかも、と元通りにしておくことにしました。
産卵木での飼育の時は、お手本のように分かりやすく書いていただいている
某方のブログを拝見して真似させていただこうと思います。

にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

テーマ : オオクワガタのブリード
ジャンル : ペット

ニホンイシガメの「オレンジ」産卵

ピタッと餌を食べなくなった翌日の夜、
ニホンイシガメのオレンジが産卵しました。

繊細で神経質なオレンジ。そっとしておこうか。。
悩んだ末、2枚だけ撮らせてもらうことに
DSCN1901.jpg

逃げてしまうのではないかと心配しましたが
私がすぐ場を去ったので大丈夫のようです
よかった (*‘∀‘)
DSCN1902.jpg

一夜明け、餌を食べるオレンジ。
陸場での捕食がオレンジのメイン。
何事もなかったかのように日常に戻れるのは
種が生き残っていくために代々備わっているものを
受け継いでいるのでしょう
DSCN1906.jpg

にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

プロフィール

かめ吉

管理人:かめ吉
ニホンイシガメ2019年CB個体の販売時期は未定ですが3匹販売予定です。

爬虫類の販売は対面販売が義務付けられておりますので、ご理解の程よろしくお願いします。(当方大阪です)

最近の記事+コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
 
Gallery
アクセス
★ ブログランキング
  温かいご支援に感謝
ニホンイシガメ販売ページ(石亀ファーム)   ↓(sold out)
リンク
当ブログはリンクフリーです。イシガメ好きな方はご自由にどうぞ (^-^)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: