皮膚病発生と夜間治療

10日ほど前に日本イシガメのオレンジの首に小さな黒点ができていることに気付きました。
夏場で水に入る時間が短めなので自然治癒してくれればと様子見するも、2日ほどでこのように悪化してしまったのです。

皮膚病の進行は驚くほど早い


ヨードチンキ+ゲンタシンでの治療を開始。でも悪化を食い止めるのがやっとの状態。
これを見てエルバージュの投入を決断しました。

他のイシガメと隔離し、活発に活動する昼間は避け夜間に治療を試みます
P8140425.jpg

翌日。少しよくなったように見えます
P8150426.jpg

そのまた次の日。あまり変わらず
P8160430.jpg

2日連続エルバージュ後
P8170439.jpg

食欲がかなり落ちたので、ここでエルバージュからヨードチンキ+ゲンタシン治療へ切り替え。
気温が下がり日中は飼育場の外に出して乾燥させることができたのが幸い。
一旦快方に向かうと日々少しづつですが手応えを感じます。
P8190442.jpg

エルバージュ後、数日経過しましたが、レプトミンを数本食べるだけで食欲ありません。
厄介な皮膚病が良くなったのは嬉しいのですが。。
エルバージュはそもそも亀用ではない上に、副作用面で個体の薬剤感受性が大きく振れる印象なので、あまり使いたくない理由がここにあります。
秋が近づいてくるので目一杯食べるこの時期に食欲も回復してほしいものです。

にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

はぜどんさん

こんにちは (^_^)
仰られるように当歳のベビーは室内越冬が無難でしょうね。
冬眠のさせ方は地域の気温や水温、飼い主さまの日々の観察によってアレンジされると思いますが、冬眠ケースに保温材を巻きつけて氷が張らない水温で維持できれば私が実践している方法も選択肢に入れていただけるかも、です。☆になったり冬眠を中断したことがないんです。何分冬の気候が大きく違うと思いますのでご参考程度までに。
こちらこそ宜しくお願い致します m(_ _)m

No title

かめ吉さん 早速の回答ありがとうございます
ご指摘の通り 問題がなければ3頭一緒に飼育したいと思います。
現在、庭のひょうたん池には2頭のイシガメ(両方♀で甲羅長10と12)がおりますが. ベビーたちは室内飼育で大きくなってから池に入れようと思っています。 当地は雪国なので池のカメの冬眠も準備しないといけません。
クサガメの時は衣装ケースに落ち葉を入れて冬眠させました。

また色々と教えていただければ幸いです。

はぜどんさん

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。

仰られるようにヨークサックが収まらない期間に根元からなくなるほどの噛みつきをすることは考えにくいですし、同期間に尾が何らかの理由でとれたとしても、生まれたてのベビーがそれを食べてしまうことも考えにくく、長い尾がどこかに残されると思うのです。

従いまして伺ったお話とも合わせて考えますと、生まれつきの奇形ではと思います。ヨークサックがなくなった頃に歩き方や頭部の動き、餌食いをチェックされて他の2匹と変わりないようでしたら、尾だけの奇形と思われますので同じ飼育方法で差し支えないと思います。

ベビーの尻尾欠損について

はじめまして 今年春から大人のイシガメを飼い始めたものです これまではクサガメを数年飼っていました 大雨で庭の池がオーバーフローして脱走されました。 冬季は冬眠させていました。  夏前につてを頼ってイシガメの有精卵を入手して 有精卵からベビーが3頭誕生しました 2頭は問題はないようですが 一頭が尻尾がほとんどない状態で生まれました 甲羅の端からほとんで出ない感じで 拡大鏡でみると総排せつ孔のすぐ先で切れていますす。
殻の周辺にも水苔のところにも尻尾の残骸らしきものはなかったし 3つの卵は別々の容器で孵化をさせたので 先に生まれた亀に尻尾かじられるということもなかったはずです。 このままヨークサックがとれて通常の飼育に移った場合でも 成り行きを見守るしかないのでしょうか?

じげまのさん

ありがとうございます。
ホント、冬を乗り切れる体力をつけておいて欲しいです (>_>)
オレンジは繊細な部類なので冬場、慣れた外飼いから室内飼いへはトラブル続出な予感がします。
皮膚病を治す良い方法を実践されてましたら、是非ご教授お願いしたいです! m(_ _)m

トトさん

ありがとうございます。
皮膚病を見つけてヨードチンキしてた頃はバクバク食べていたのですが、エルバージュ後に急変しました。綿棒で塗ってみるなど漬ける前にひと工夫してもよかったかなと思ってます (´・_・`)
直塗り禁止と説明書に書いてあったので魚用なのに割り切れず。。です。

心配ですね。
無事に完治して冬を乗り越えてくれたらいいのですが…

私は今までに薬剤治療に踏み切った事が無いので参考になります。

心配です

オレンジさん、心配ですね。食欲と皮膚病、あるいは治療の過程は連動しているのででょうか?早く良くなるといいですね。
プロフィール

かめ吉

管理人:かめ吉
ニホンイシガメ2019年CB個体の販売時期は未定ですが3匹販売予定です。

爬虫類の販売は対面販売が義務付けられておりますので、ご理解の程よろしくお願いします。(当方大阪です)

最近の記事+コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
 
Gallery
アクセス
★ ブログランキング
  温かいご支援に感謝
ニホンイシガメ販売ページ(石亀ファーム)   ↓(sold out)
リンク
当ブログはリンクフリーです。イシガメ好きな方はご自由にどうぞ (^-^)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: