2014年CB個体

そんなに暑くなかった8月半ば。ふと産卵場に目をやると、モコモコと土が盛り上がるのを発見。カメラを取りに戻ろうか、でも貴重なシーンを見逃してしまうかも。などとモタモタ考えてる間に穴が開いて、銭亀たちがわらわらと外へ出てきました。今年は15匹のベビーが誕生。うれしいもんです。昔はオークションでニホンイシガメを販売してたんだけどなぁ(遠い目)。

今年は冷夏だったのでオスかな?甲羅の色映えはしませんが、オレンジヘッドの個体もチラホラ。こうやって見るとニホンイシガメはやはり個体差が大きいですね。無事に美しくなってくれることを祈るかめ吉でした。



にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

コメントの投稿

非公開コメント

じげまのさん

もし差し支えなければメールフォームから連絡いただければメルアドに直接お答えできるので、良ければ活用くださいませ!(^o^)

ありがとうございます!

早速の返事ありがとうございます!
大変助かります。


陸場は石だけで良いという事ですね!
早速石探しからはじめますヽ(≧▽≦)ノ

また直ぐに行き詰まると思いますので色々と教えて下さい。

じげまのさん

ベビー誕生おめでとうございます (^O^)/
気にされていると思いますので早速本題です。
匹数にもよりますが、入れ物は広くてやや浅めの発泡スチロールがいいです。よじ登りますので広めのビニールテープで上部の縁から内側全体をガードします。鼠返しのようなイメージです。ヨークサックは吸収されてると思いますので、甲羅がほぼ浸かる程度に水を入れてください。水道水で構いません。底砂はメンテが難しいので避けた方が無難です。
広さの四分の一程度を陸地にします。石や市販のもので構いません。発泡スチロールは室内の冬越しにそのまま使えるアイテムで、同じ個体群を2年連続で病気を出さなかったので脱走に気をつけていれば優れていると思います。
今月一杯は発泡スチロール以外の容器で外に出しておいて良いと思いますが、直射日光がダイレクトにあたるものに入れてあげてください。念のために熱射病予防で水場の一部が太陽が当たらないようにすると良いと思います。今から早秋まではこれでいいと
思います。配合エサは与え始めてください。出来れば気温が高い日中がお勧めです。最初はダメでもそのうち食べてくれます。
これから楽しみですね。

ご教授お願いします

今日カメ庭に子亀を発見しました!
我が家待望の初子亀です♩
始めてやし急の子亀で育て方が全然分からず今は小さい水槽に土を入れてそこに入れてます。

これからどーして育てて行けばいいのか教えてもらえませんか?
プロフィール

かめ吉

管理人:かめ吉
ニホンイシガメ2019年CB個体の販売時期は未定ですが3匹販売予定です。

爬虫類の販売は対面販売が義務付けられておりますので、ご理解の程よろしくお願いします。(当方大阪です)

最近の記事+コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
 
Gallery
アクセス
★ ブログランキング
  温かいご支援に感謝
ニホンイシガメ販売ページ(石亀ファーム)   ↓(sold out)
リンク
当ブログはリンクフリーです。イシガメ好きな方はご自由にどうぞ (^-^)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: