ニホンイシガメ2018年CB 腹甲板の色

ニホンイシガメ2018年CB
餌を落としたのに気付かず私に一生懸命目線を送ってます
20190127100838442.jpeg

2019012710083938b.jpeg
甲羅のコケが目立ってきたので

20190127100836130.jpeg
ナイロンブラシで軽くゴシゴシして除去
きれいになりました

20190127100835c65.jpeg
腹甲板を見ると全体が黒くなってます
前はオレンジ色の差し込みが肩・胸甲板にあったのに
肛甲板のオレンジ色まで消え去ってます
孵化時点で色の差し込みの有無は個体それぞれですが
有の場合、成長しても肛甲板の先っぽの色はそのまま、
という認識が覆りました

そういえば我がオス軍団は全て腹甲板が黒かったような。。
総排泄腔が微妙な位置にきたのでオスかどうかは半々な
感じだけれども、色の変化(消失)が性別を判断できる材料に
なるとすれば性別の早期分別に役立つとみています

20190127100834934.jpeg
なにより元気でいてくれることが一番大事です
引き続き観察を続けます

にほんブログ村 イシガメランキングはこちら
FC2 ブログランキングはこちら

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

トトさん

コメントありがとうございます(^ ^)
こんなに愛嬌フリフリしてもらって「オスの可能性高し」と、キリッと言ってしまった自分に後悔してます(苦笑)

すり寄ってくるオスになるのか、成長につれ愛想なしの典型的なオスになるのか、フリフリのままメスになるのか、いずれかと思われますσ^_^;

No title

ゴシゴシしたら、親譲りの本来の色があらわになりましたね!外見もですが、愛嬌が素晴らしい。我が家の連中にも学ばせたいものです!

ラガブーリンさん

こんばんは
コメントありがとうございます(^^)
一年目は特に飼育に神経をつかいますね。ベビーも適応面で過敏になりますし、それがまるで神経戦のようで(^^;)

飼育していて心から楽しいと思えるのは個体ごとのキャラを把握できた時なのかもしれませんね。並行してそれなりに大きくなっていくのでしょうけれども。

冬眠組もあと2ヶ月で目覚める予定です。今年はどんな姿を見せてくれるか少しの緊張と大きな期待で待つ今日この頃です(^^)/

No title

こんばんは
一年目の手間を思い出しました。帰宅後に毎晩水換え、水カビ治療、今では、夏場は3〜5日に水換えですが、楽なものです。でも、やはりイシガメベイビーは可愛いですね。ただ私は3匹(イシガメ2匹、クサガメ1匹)が精一杯なので、どしどしお願い致します。
プロフィール

かめ吉

管理人:かめ吉
ニホンイシガメ2019年CB個体の販売時期は未定ですが3匹販売予定です。

爬虫類の販売は対面販売が義務付けられておりますので、ご理解の程よろしくお願いします。(当方大阪です)

最近の記事+コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
 
Gallery
アクセス
★ ブログランキング
  温かいご支援に感謝
ニホンイシガメ販売ページ(石亀ファーム)   ↓(sold out)
リンク
当ブログはリンクフリーです。イシガメ好きな方はご自由にどうぞ (^-^)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: